Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: No address associated with hostname in /home/lifes045/public_html/escritoreslibres.com/inc/set.inc on line 41

Warning: file_get_contents(http://www.aj-ls-link.net/ichi5/link.php?gno=56&lno=42&vno=1&sf=on&en=s): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: No address associated with hostname in /home/lifes045/public_html/escritoreslibres.com/inc/set.inc on line 41
すごく単純です

すごく単純です

-

-

多くの場合、クレジットカードの利用限度額を所有者がいつも決済するより高く決めいていると安心だと勘違いして、考えることなくカードで決済してしまったりするようですね。

そのようなクレジットカード使用の危険を避ける目的で使用できる上限をよく考えて減らし気味にコントロールしておこうというお勧めが、以下の文の主旨となります。

月の限度額をコントロールする方法。

クレカの利用限度額をコントロールするとは、月の限度額を多めに設定するやり方と等しく、すごく単純です。

クレカの後ろに載っているフリーダイヤルに問い合わせて「月の利用限度額をもっと低くしたいです」と担当者に向けて依頼するだけです。

おおむね今の月の限度額と比較して低い金額であれば、時間を要する調査なしでそのまま限度額の引き下げが可能となります。

利用限度額を減らすのは自分を守ることに繋がる。

利用限度額の抑制は、自制というような良いこと以外に防犯対策にも影響します。

万が一、財布の中のクレカが誰かの手に渡り乱用されたトラブルでもあらかじめクレジットカードの上限を少なく押さえておくようにすればリスクをなるべく避けることもできるからです。

強調しておきたいのは、想定外にもカードが乱用されたとしてもクレカの契約者に重大な過失と思えるものがなければ、盗難保険として知られているカード保険が使用者を助けてくれることになるから不安になることはないわけですが数パーセントの可能性のことを考え、設定が高いならば月ごとの限度額は減らしておくなら安心でしょう。

使うことのない利用限度額は良いとは言えないこととしか言えないでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.