相場は四六時中いつでも外国為替相場は動いているし

-

-

パソコンの。

ディスプレイの前で、つねに上下動している相場を目を向けていると何となくエントリーをする衝動に突き動かされる事も少なくありません。

しかしながら、漠然とした感覚で取引することだけは間違ってもしてはいけませんご覧の通り、相場は四六時中いつでも外国為替相場は動いているし、為替レートも常に動いています。

しかし、立て続けに注文を積み重ねるとそれだけマイナスになるリスクが増します。

言うまでもなく、売り買いの数を経験することによって結果的に勝つ可能性が50%、50%に近づくのは事実です。

でもその事実は「はっきりしない感覚でトレード」してしまうこととは別の話です。

注文回数を積み重ねるということは自ら「ここは勝てる」と考える時機を持った場合のトレード回数を増やすという事を言っています。

格段の理由がなく、休む間もなく注文を積み重ねるのとははっきりと違う。

相場の戦いに勝つためにはあなたが意識的にけじめをつけることこそが大事です。

「ここは!」と考えた市場の時にはいっそのこと保持ポジションを積み増して意識して利益を求めます。

「明らかに難しい外国為替相場でどう動くのか思いつかないな」と思案した時は、いっそのことポジションを全部諦めて何もせず静観します。

それぐらいのリズムをつけた方が注文はうまくいくものだ。

相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まったくその通りだと思います。

FXとは、何も常に売買ポジションを所持する事がすべてではなく、どのポジションも保持せずじっとしていることも状況によっては必要です。

では、どういった時に、休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、前に述べたように、現在の市場が具体的に理解できない時です。

現状から上がるのか下がるのか決断できない時は思いつきで行動すると、自分自身の書いたシナリオとは反対の方向に相場が向ってしまい損してしまいます。

だから、こうした状況ではポジションを整理してそのまま何もぜずに様子を見ているのが良い方法です。

もうひとつは、自分の体の状態がすぐれない時。

体の具合と相場に影響ないと思う投資家もいますが実際には思いのほか関係がある。

体の状態があまりよくなければ、外国為替相場の判断しなければいけないところで冷静な決断を下すことができなくなります。

興味がわかない時は、市場から離れてみるのも大事な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.