元金の総額が大きい場合には現実には任意での整理の手続き

-

-

任意整理は借金の整理というようにも言われておりおのおのの貸方に対しての債務の返済を継続していくことを前置きとした借金整理の手順になります。クレジットカード比較

具体的な手続きでは、司法書士または弁護士事務所貸方と債務者の中に入って示談し利息制限法に従って利息の再考慮をもとに元金にかかる利子を少なくすることにより3年程度の期間内で返済を目指す整理計画です。

この場合はいわゆる裁判所等をはじめとする公の機関が関係することがないため他の選択肢と比べたときに、選択したときの不利な点が少なく、過程が債務者にそんなに圧力になることはないため、最初に検討する必要があるモデルになります。

さらに、サラリーマン金融などの法外な借入利息ならば法律が明記している利息を超過して払い込んだ借入金利分に関しては借金の元金に適用すると考え借りたお金の元金自体を減らしてしまうこともできてしまいます。

つまり、ヤミ金業者などのとても高い利子を取るところへ長い期間返してきた例だと期待以上の支払額を減らせるようなこともありますし15,6年とか返済し続けている例だと元金そのものがなくなってしまう場合もあります。

任意整理のポイントですが破産宣告とは異なってある部分のみの借金だけを処理することになりますので、他の連帯保証人が関連する契約以外だけで整理する時や住宅ローンを別として整理する際なども検討することも可能になりますし全ての財産を手放してしまう義務はないので株式や有価証券自分の資産を持っているけれど手放してしまいたくない場合においても活用可能な債務整理の手続きになります。

いっぽうで、手続きを取った後返済が必要となる額と収入を比較し、返済の計画が立つようならこの方法で手続きで進めることが可能ですが自己破産とは違い負債そのものが消滅するのではありませんので、元金の総額が大きい場合には現実には任意での整理の手続きを実行するのは困難であるということがいえるでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.