交付してもらうには市町村役場の取次ぎ所で

-

-

車を手放す時、さらに所有車の売却のさいも印鑑証明書が必要になってきます。77-7-42

この印鑑証明というものについて説明しましょう。77-20-42

印鑑証明書とは、ある印鑑が実印で間違いないことを保証するためのものです。77-9-42

この書類がないのであれば、その印鑑が実印であることが実証できません。77-18-42

高額な取引になる該当する車の売買ですから、どうしても実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明書が要るのです。77-14-42

印鑑証明書を交付してもらうためには、あらかじめ印鑑証明をする必要があります。77-15-42

印鑑証明に登録する印は普通、実印と呼ばれていて、唯一無二の判子である必要があります。77-8-42

実印を持って自分が住む役場の担当部署へ出向けば印鑑登録をすることができます。77-19-42

印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものを発行してもらえて、登録した印鑑は実印になったということになります。77-16-42

印鑑証明を交付してもらうには市町村役場の取次ぎ所で、専用の書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。77-3-42

他にも、自動交付機で印鑑証明を交付する事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

ですので、いつの印鑑証明だとしても証明書としての効力は持続することになります。

ただ、自動車買い取りの際には、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものとされています。

ほとんどのケースで期限を定める必要はないですが車の買い取りのときには、買い取り先の業者が有効期限を定めていますので、もしも車の売却を考えているのであれば事前に手元に置いておく必要があります。


Site Menu

77-10-42 77-6-42 77-12-42 77-17-42 77-11-42
Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.