1戸籍情報・住民データには記録されません

-

-

破産許可がおりた場合に、損害・デメリットがあるのかは、自己破産申立を考慮した方にとって九分九厘1番知っておきたい内容に違いないでしょう。80-20-42

続けて自己破産者の被るデメリットについての事項を箇条書きにしておきます。80-2-42

・地方公共団体の破産者リストに掲載されます。80-13-42

※公共の身分証明書を発行するための基礎資料であるので普通の人は見ることが不可能ですし、免責の認定が与えられれば消去されます。80-19-42

・官報へ記録される。80-16-42

※一般の新聞とは違いほとんどの書店では扱われませんし、通常の人には関連のないことだと言えます。80-4-42

・公法での資格の制限。80-18-42

※自己破産認定者になると法曹関係者、公認会計士、税理士などのような資格を持つ人は資格停止になってしまうので労働ができなくなります。80-8-42

・私法の資格の制限。80-11-42

※破産認定者は連帯保証者、遺言執行役になることが無理になります。80-14-42

加えて合資会社のサラリーマンと株式の企業、有限企業の取締担当者、監査担当のときは退任要因になります。

・住宅ローンやクレジットカードを用いることができなくなります。

加えて、破産管財人が関わる事件の際は下記のような制限が与えられます。

・当人の持ち物を好き勝手に使用、放棄することができなくなります。

・債権者委員会の要請があれば弁明をしなければいけません。

・地裁の認可なしで居住地の移動や長めの旅をしてはいけません。

・裁判官が必要と許可するときには破産者は捕まえられるケースがあります。

・郵便は破産管財をする人に配達され破産管財担当者は送られてきた郵便を開封可能です。

今まで述べた以外の破産した人の不便性に関連した大抵誤解がある要素を一覧にしてみます。

1戸籍情報・住民データには記録されません。

2組織は自己破産してしまったことを根拠に解雇することはできません。

※基本、自分が言わないかぎり雇用主に伝わることはないです。

3投票の権利や選挙に出る権利などの公民権は停止されません。

4連帯保証者になっていないなら、家族には支払い義務はありません。

5最低限度の日々の生活に欠かせない家財(PC、デジタルテレビなどを含め)着るものなどは差し押さえられることはありません。

破産した人の不利益に関する事項をリストアップしてみました。

破産をすれば負債はまっさらになるでしょうが不利益が存在します。

破産申請を行う上で効用もデメリット探求した方がよいと考えます。


Site Menu

80-15-42 80-7-42 80-5-42 80-9-42
Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.