あたふたしてしまう場合だってあるでしょう

-

-

商店でみなの所有カードが使えるのでもない:クレカの加盟店はおおむねたくさんのクレジットカードの会社に入っていますがいかんせん一切の加盟店舗で一切のサービスの契約カードが使えるのでもありません。脱毛 失敗

一例をあげると昔ながらの契約店舗の場合はJCBロゴの書いたそのクレカしか使用不可なときもあるし近頃の契約店ならばVISAとMasterCardといったブランドのついたクレジットカードしか切れないときもあるものです。女性ホルモン 胸大きくなる

ダイナースのようなクレジットカード会社ならば、増して使えない商店が多いでしょう。

何のロゴの所有クレカが決済できるかをいかに見分けるといいの?「それじゃいかなる方法で何の印の所有クレカが使えるか見分けると良いか?」といってみても、正しく判断するのには該当店の担当者に尋ねてみるのみ、というのが残念だけどその回答です。

とはいっても大部分のショップやレストランにはその目につきやすいところなどに切れるクレジットカード会社の案内がプリントされた加盟シールが貼り付けられているため「そうか、そこのレストランではVISAカードが決済できるのだな」という感じに分かりやすくなっているため心配しないようにしていただけると思います。

しっかり契約管理が出来ていない加盟店で用いる際には、ロゴシールが貼られている場合でも「当店舗では○○カードは決済いただけません」といった回答をされるなんてこともないともいえず、あたふたしてしまう場合だってあるでしょう。

やっぱり可能な限り十分な数の加入店舗でクレカが使えるようにしようとすると、異種のブランド(欧米圏のマーク)がある一般的なVISAカード、マスターカードアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、といったクレジットカードを2、3枚契約するようにしたほうがよいと思います(例として:ライフカードを持っているならその次はディスカバーカード付帯のクレジットカードを使用するほか)。

特に日本ではVISAカード、MasterCard、JCBの3つのマークが入ったクレジットカードをそれぞれ使えるようにしておけば、おおよそ日本全土の加入店舗でなにがしかのクレカを決済するよう準備万端というわけです。

クレジットカードを活用して効率的にキャッシュレス生活を続けるつもりならばしっかりとどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを所有しておいてほしいとおもいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.escritoreslibres.com All Rights Reserved.